春の絵巻コンサート

2021年2月27日、北沢タウンホール・スカイサロンにてミニコンサートを開催しました。山本玉枝さんは、10年前、脳梗塞を発症され、気管切開,胃婁となられましたが、絵を描くことにより、御家族とともに、生き生きと90歳の誕生日を迎えられました。音楽療法で、その絵に接して、皆が大感動しました。ぜひ、多くの人に見ていただきたく、この度、音楽にのせて鑑賞する春の絵巻コンサートを思いつきました。

jazzピアニスト 菅野邦彦は、若者より若々しい80過ぎ。jazzとは、こんなに静かで優しい音楽だったのか!と、知りました。山本様の絵とコラボし、新鮮な世界が輝きました。どうぞ、ご覧ください。

菅野邦彦さんのピアノと山本玉枝さんの絵のコラボ

丸山ひろ子さんのピアノと山本玉枝さんの絵のコラボ

丸山ひろ子さんは、音楽療法士であり、ピアニストでもあられます。音楽療法の例会の中では、鑑賞タイムがあり、素晴らしいピアノ演奏が聴かせていただいています。今回は、音楽療法としてー山本さんの絵に音楽をつけよう!と、試みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です