在宅療法の新しい地域モデルの活動報告

クラウドファンディングをはじめご寄附・ご支援いただいた皆様

202110  NPO法人ホームケアエクスパーツ協会  理事長酒井 忠昭

たちが提案し、実践している、在宅療法しい地域モデルにするさまのご支援から 感謝申げます。2020年度1年間と2021年度半年我々活動について報告いたします。 新型コロナ感染症により、くの活動が、縮小中止まれましたが、その創意工夫を 活動けています。また感染縮小期待し、下期にはニューズレターの発行講演会の 開催目指したいといます。  なお、本報告では運営主体である訪問看護ステーションの活動にはふれておりませんが、 20211よりステーション所長就任した松沼理事看護スタッフの並々ならぬ尽力により 経営安定化がみえてきていることをえます。

収入   クラウドファンディングをむ2020年度寄付金                           5,416,400                 2021年度半年寄付金                                                                         878,000                 コミュニティ音楽療法する世田谷区からの助成金(2年分)       728,000                  利用者負担分(2020)                                                                        187,451                  利用者負担分 (2021)                                                                              43,000                      合計                                                                             7,252,851

活動経費      2020                                                                                    3,200,284                                2021                                                                                    2,012,990                                合計                                                                                     5,213,274

活動ごとの経費              2020    2021   合計        1保険外訪問看護のサポート  107,096    535,955   643,051        2コミュニティ音楽療法    612,591    385,587   998,178        3心理カウンセリング     994,326    434,697  1,429,023        4嚥下予防療法        137,392     58,537  195,929        5医療生活相談       353,216     176,242  529,458                    6クラウドファンディング経費 426,846       0  426,846        7ニューズレター発行費用    104,867      0  104,867        8マッサージセラピー      106,876      0  106,876        9一般経費          357,074           421,972       779,046                              合計                                          3,200,284         2,012,990    5,213,274

1.保険外訪問看護のサポート                          2020            2021                合計                                                                                   107,096       535,955             643,051         NPOが運営する訪問看護ステーショによる在宅療法支援部分介護保険・  医療保険利用してっています。要支援要看護利用者自宅看護師・  理学療法士訪問支援するものです。ただ、残念ながら、保険がカバーできる  在宅サービスは限定的で、たちは、保険をこえて必要支援提供して  まいりました。それらのほとんどが無償のサービスですが、  20211より、それらのサービスの費用数値化し、NPOの支援として認識する  ことにしました。(2020年度は3ヵ、2021は6ヵ費用です。)  たちはこれらの活動自宅療養高齢者にはかせないとえています。  具体的活動例としては、受診同行往診同席傾聴、ケア内容相談説明、  退院時同行などがあげられます。

 2.コミュニティ音楽療法                                2020              2021    合計                                                           612,591  385,587  998,178    専門家(音楽療法士、ボイストレーナー、看護師,ボランティア)の協力のもとに、  地域健康増進社会的文化的成長すことを目標とする活動です。  認知症失語症にも良好成果をあげています。個人個人目標設定した  個別型と、特定対象公開型特定個人訪問する訪問が  あります。また、一般参加する音楽療法とジャズとの合同コンサートでは  くの音楽療法する理解をいただき、支援がりました。

2020 4~9     コロナ感染症残念ながら個別型公開型ともに例会中止しました。  集会断念せざるをず、わりに、音楽療法士丸山ひろ先生のピアノの  演奏四季伴奏)のCDを作成し、これまでの参加者 送付しました。  在宅季節じ、いつも一緒っているずさむことができるように  との配慮からですが、皆様ぐことができました。  たくさんの反響を、手紙電話などでいただき、参加者音楽療法へのいを  ることが出来ました。  10以降  会場人数めて、感染症対策十分とれば、コミュニティ音楽療法例会も  可能だと確信再開にふみきりました。当協会は、医療関係であることも考慮し、  以下のような対策をとりました。

個人のおをおりしていた個別コミュニティー音楽療法会場は、会場が   く、解放できる公共施設す。

人数を10以下にし、従来からの参加者考慮して、招待にする。

時間短縮する。(90から60へ)

茶菓接待はやめる。

楽器使しはしない。手拍子足拍子使う。

はマスクのまま、ハミングで。

10/15コミュニティ音楽療法公開型)マモリテラスにて参加者8  人数限定招待をとりました。  この再開びはれることが出来ません。音楽びつく関係が  こんなにいものであったか!と実感しました。お元気姿再会でき、  季節音楽にしみわたりました。

10/22コミュニティ音楽療法個別)マモリテラスにて参加者8  人数限定招待をとりました。

11/12コミュニティ音楽療法個別)マモリテラスにて参加者10

12/18コミュニティ音楽療法訪問利用者宅 にて クリスマスコンサートとして実施

2021

1/14コミュニティ音楽療法個別)マモリテラスにて参加者6  新春コンサートとして実施

2/18コミュニティ音楽療法公開型)マモリテラスにて  残念ながら緊急事態宣言考慮して中止

2/27特別企画絵画音楽北沢タウンホール参加者13  ひとりの参加者の30素晴らしい絵画音楽えた特別時間大成功。  気管切開をうけ車椅子移動であった当日主役高齢になってから  アクリルめたとのこと。  音楽きながら絵画鑑賞する、絵画鑑賞しながら音楽をきく。  高齢になってからめたという素晴らしい絵画とのコラボを存分に  しみました。

3/18コミュニティ音楽療法個別)マモリテラスにて参加者6

3/27企画 北沢タウンホール参加者20  地域皆様をむかえてコミュニティ音楽療法とジャズの合同コンサート 。一部丸山ひろ先生をテーマとする様々演奏。  二部菅野邦彦先生の50ぶジャズを中心としたピアノソロ。  車椅子参加者とその家族む20参加があった。  一部二部合間には参加者挨拶をいただいた。

その実現した企画  「しもきたの音楽療法」のDVDを更新し、ホームページに掲載しました。  パーキンソン病患者への訪問音楽療法面接ができました。  移動不自由参加者への送迎支援った。  (全額負担実現できました。)

2021

までは、「比較的少人数個別型」と、公的施設利用しての「公開型」の2タイプ  でやってきました。いずれも、ボランティアをめ10数名まりでした。  本来音楽療法は、個別対応理想的えていますが、経済的支援制度が  ない現状では利用者様個人負担となるので、しでもくのへ!とえた  やりした。  10数年の積み重ねの中で、瓢箪からコマ!と言うのでしょうか?少人数が集まること  の素晴らしさ!にづかされました。  回を重ねるごとに、馴染みとなり、関係が深まり、相互カウンセリングのような関係が  生まれました。音楽療法の中では、揉め事は一度もありませんでした。コロナ禍の  ために、そんな世界が遮断されることになったのは、本当に残念で、途方にくれました。  コロナで、集会が出来ないなら、個人療法にシフトしよう!と決心し、  回を重ねることが出来ました。  これは、世田谷区のまちづくり助成金とクラウドファンディングのご寄付のおです。  今年度は、 音楽療法士の丸山先生が、「また、皆様と一緒に歌っているつもりで季節の歌の  伴奏CDをつくって下さり、4月に、お届けしました。  「こういう曲を聴くと、ほっこりします」とか、「さんと、歌っているつもりで歌っています」  とかメッセージをいただきました。コロナで、この絆が途絶えてしまわないように!との  いから、2年間で3のCDをおりしました。

(訪問型コミュニティー音楽療法)  ・重度障害のためベット上安静生活の60代女性Iさんに、  2回訪問し、来月も心待ちにされています。  ・ 12月には、重介護状態2名のクリスマス音楽療法を計画しています。

(もうつの個別型コミュニティー音楽療法)  こちらは会場ていただきます。送迎代負担をいたします。個人ですから、対象者の  初期目標設定することが出来ます。  目標は、「社会参加の第一歩」「難病受容とリハビリ」「人生終盤 エンドオブライフケア」  「認知予防 フレイル予防」など。  現在、4継続して定期的参加されています。できれば、このままける意義きい  とじていますが、コロナが終結したら、集会型予定です。

<合同コンサート企画>  コミュニティー音楽療法の理論の中に、「合同コンサートが地域力を高める」と定義されており、年  に1、2回開催してまいりました。  今年度は、9月に、コロナ感染対策として、大ホールでの企画をしましたが、直前に、コロナ拡大の ニュースが入り、中止せざるを得なくなり、結果、無観客コンサートとしました。同時配信は、諸事 情で出来ず、後日、会員でボランティアのさんのお力を借りて、ホームページに掲載します。  コロナが終息したら、まず、合同コンサートをやりたい!と考えています。そして、1日  も早く、小グループ月例会の再開が出来ますように!と願っています。

3.心理カウンセリング        2020     2021    合計                 994,326   434,697  1,429,023   臨床心理士中心となって、カウンセリングとディグニティセラピーのつの分野  で活動しています。  ご希望じて、がん・難病・慢性疾患などで訪問看護をご利用の在宅療養中  の方に、ACPをむカウンセリングと、ディグニティセラピーを、また、ご家族に  カウンセリングを、提供しています。

A カウンセリング  在宅療養中は、病気への向かい方や今後人生へのいなどについて、  そして、ご家族は、介護をめぐる問題家族親戚専門職との関係、ご自身の  人生と介護をどのようにてるかなどについて、まれています。

B ACP(アドバンス・ケア・プランニング)  今後変化えて、また現状じて、利用者本人と、ご家族と医療・ケア  チームとが、繰り返し話し合い、連携して、本人の意思決定を支援しています。

C ディグニティセラピー  ディグニティとは尊厳で、もともとは、終末期のが自分自身が価値ある存在だ  と感じつつ、心の平安をもって人生を送られるために、開発されたセラピーです。  本ステーションでは、多少改変して適用して、もっとい、体力気力が充分な  時期からも、実施してきました。  これまでの人生で、自分がどのようなことを大切にしてきているか、大切な  たち(家族など)にどのようなことをえたいか、などをっていただきます。  それを一緒編集してページの小冊子ります。それは、ご自分手元で  まれたり、大切たちに手渡したり遺したりされています。  それを読むご家族や周囲たちにとっても、大切なものとなっています。  また、しいみとして、小冊子編集を、担当スタッフで何度編集会議を  したり、臨床心理士と理学療法士の協働で編集したりしました。

A     BをむA    C              2020年度   4名     1名    2・2             2021年度   3名     1名     1

4.嚥下予防療法         2020      2021    合計                137,392     58,537   195,929

病気後遺症衰弱飲食みに障害がおこることがあります。  この障害(誤嚥)は肺炎原因になり、入院治療必要になる場合があります。  誤嚥兆候つけ肺炎予防し、入院けるために言語聴覚士(ST)が  誤嚥予防指導訓練をいたします。2020実施回数:20   2021実施回数:10

5.医療生活相談         2020     2021     合計                                                                           353,216             176,242                529,458         日常生活には、自分一人では解決戸惑問題があるといます。病気み、  治療法選択療養選択、ご家族との関係将来心配など、  いろいろな事柄いがなって、きにくいパズルのようでしょう。でもに  相談してよいかわからない。個人的なことはとても相談するにはなれない、  ともおえでしょう。問題解決糸口でもつかれば、どんなにすっきりするかと  いつつ、しかねているいのではないでしょうか。  たちの「医療生活総合相談」はこのようなさまの問題解決のお手伝いを  いたします。相続成年後見などの法律相談め、くして対応し、くの  不安解消につなげてまいります。

2020相談件数:15

2021相談件数:3

相談内容  透析についてのセカンドオピニオンの提供  世話をしてきた貢献相続められないのか  ご家族のうつについて、信頼できる精神科医師紹介診療けた  ご家族がん剤治療するセカンドオピニオンの提供.

.

コミュニティ音楽療法合同コンサート開催のお知らせ

最終的に、熟慮のすえ、無観客で開催いたしました。

少数のスタッフのみの参加でしたが、良い合同コンサートになりました。

カメラをまわしましたので、編集し、後ほど、このホームページにアップします。また、参加を希望していた皆様には、DVDをお送りする予定です。

当日は、4部構成で実施しました。

第1部 音楽療法士丸山先生の「秋」をテーマにした歌いやすい曲中心のピアノ演奏。

第2部 伝説のジャズピアニスト菅野邦彦のリクエスト曲中心のピアノソロ。(ジャズ、シャンソン、西部劇のテーマ、賛美歌等々)

第3部 丸山先生と菅野のコラボによるジャズ・音楽談義(メロディーを完璧に身につける。)

第4部 ベートーヴェンの第9のピアノをバックに島袋さんのパントマイムの演技。

皆様、近々映像をアップします。楽しみにお待ちください。

 

残念ながら、新型コロナ感染症おさまらないため、延期します。

2021‘秋 コミュニティー音楽療法と        

           ジャズとの合同コンサート♪の御案内

                                                

 謹んで申し上げます。

厳しい日々を、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

1日も早く、平凡な日常が還ってくれることを、心から願います。

 こんな時に!?と思われる方があるかと思いますがー

こんな時だからこそ!音楽の力を信じー♪

ホームケアエクスパーツ協会より、コンサートの御案内を致します。

 

私達NPOホームケアエクスパーツ協会は、十数年前開設以来、音楽療法として、「コミュニティー音楽療法とプロの演奏家による合同コンサート」を行って参り、代田地区の多くの方と知り合いになることができました。

今年度は、大ホールでの「コロナ撃退コンサート」です。

いつもは、みんなで、大いに歌いますが、今回は歌うことはできません。でも、歌わなくても!もっと楽しいことを考えました。

 

世界的ジャズピアニスト菅野邦彦の演奏と、音楽療法士・丸山ひろ子のプロデュースによる楽しい企画です。完璧な感染対策の元に、実行致します。

 

  • 台所で音の出るものを、何でもよろしいので御持参ください。勿論、有志!(スプーン2つ、フライパンとオタマ、鍋、すりこぎなど?)
  • お一人での来場が困難な方は、送迎致します。(*タクシー代負担、付き添いの手配などで、これは世田谷区からの助成金をいただいていますので、どうぞご遠慮なくお声かけ下さい!)

 

      <合同コンサートの概要>

 

日時 9月13日(月曜日) 開場 13:40 開演 14:00  終了 15:40

会場 北沢タウンホール 大ホール 先着60名限定(300名ホールです)

入場料 無料              *ワンドリンク付きです。

 

 今回は、プログラムはありません。敢えて、ドッキリ企画に致します。

 

14:00〜         理事長挨拶(3分)

14:05 〜 14:25  ピアニスト丸山ひろ子 オープニング演奏(童謡 日本の秋♪)

    ジャズの準備タイム5分  トイレ 水分補給を!

14:30 〜 15:00  <ジャズピアニスト菅野邦彦 テーマ「秋♪」>

          *会場からのリクエスト受け付けます!

           このコーナーの終わりに、音楽療法との合同演奏を!

           枯葉♪?

           未定です。 

    トイレ休憩 10分 水分補給タイム

15:10 〜 15:40  <音楽療法士 丸山ひろ子とともに♪>

    プログラムは、ありません。何でもありの、自由な楽しい時に、なりますよ   うに!              

     会場全員で、エア合唱(口パクです)♪今日の日は、さようなら 15:40 終会です。

   16時半までは使えますので、ソーシャルディスタンスの元に、交流はOKです。    

 

         NPO ホームケアエクスパーツ 理事会一同 2021年8月末日

 

         *追加があります。宜しくお願い致します。

 

<コミュニティー音楽療法とは?>

地域の方々と音楽をとおして、自然に仲良くなっていきます。気楽に参加していただける場所となれば!と、月1回公的会場で、開催して参りましたが、1年半は休止しております。

 音楽療法の定義は、「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復,機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的に使用すること」ですが!これは、音楽療法士がプランすることで、参加者は、音楽と、人とのふれあいを!心から楽しんでいただき、馴染みの関係ができていくことが最高に嬉しいことです。

なんの決まりも制約もありませんがー

  • 音楽に触発され、とっておきの思い出話が飛び出したりすることがあります。おおいに歓迎します。がーここでの会話は、どんなにいい話も、まして辛い体験談などは、門外不出です。一期一会の精神で集い、名簿などの公開は致しません。
  • 音楽を、うまくやる必要はありません。むしろ下手がいい!
  • 出入り自由です。疲れたら、断りなく、中座されて構いません。

<コロナ感染症対策> *300名ホールで、申し込み先着60名とします。

  • 入室時、検温、消毒をします。マスク着用をお願いいたします。
  • 歌唱は致しません。
  • ソーシャルディスタンスをとってください。コロナ警察(当訪問看護ステーション看護師)が、目を光らせています。
  • 楽器の使い回しはしません。使用直前直後に、消毒をします。

<申し込み>

このホームページの吹き出しをクリックして、コンタクト画面にすすみ、お名前、住所、メールのアドレスを入力してお申し込みください。

<ご寄付のお願い>当協会は、全国のNPOのうちの2%だけが認可される認定NPO法人の資格をいただいています。これからも、住み慣れた場所での安心できる心豊かな生活と、そのような地域づくりの為に、努力していきたいと考えています。

認定NPOの認定条件として、毎年100名の方が支援してくださっていること(簡単に言えば、毎年100名以上の方々が3000円以上ご寄付下さること)が条件とされています。

 私たちのこのような活動を応援して下さる方は、ご寄付を宜しくお願い致します。すでに、御寄附いただいてる方には、失礼になりますが、お許しいただきたいと思います。

振込先:特定非営利活動法人 ホームケアエクスパーツ協会

ゆうちょ銀行振替口座:00190-8-613525  または

みずほ銀行北沢支店 普通預金 1094739 へお願いいたします。

 

公開型音楽療法の中止のお知らせ

新型コロナ感染症の蔓延防止等重点措置の発出にともない、残念ながら中止します。

日時: 4月24日(土) 13:30-14:30
場所: 北沢タウンホール スカイサロン
参加費:1,000円/一人
申込み:月、火、木の 9:30-10:30に土川(090-4423-3947)まで。
移動の不自由な方ともご相談いたします。

一年ぶりのピアノコンサート

2021年3月27日、一年ぶりの音楽療法コンサートを開催しました。

いつもの通り、丸山ひろ子先生と伝説のジャズピアニスト菅野邦彦さんとのコラボによるピアノコンサートです。少人数での工夫を凝らした開催でした。

春の絵巻コンサート

2021年2月27日、北沢タウンホール・スカイサロンにてミニコンサートを開催しました。山本玉枝さんは、10年前、脳梗塞を発症され、気管切開,胃婁となられましたが、絵を描くことにより、御家族とともに、生き生きと90歳の誕生日を迎えられました。音楽療法で、その絵に接して、皆が大感動しました。ぜひ、多くの人に見ていただきたく、この度、音楽にのせて鑑賞する春の絵巻コンサートを思いつきました。

jazzピアニスト 菅野邦彦は、若者より若々しい80過ぎ。jazzとは、こんなに静かで優しい音楽だったのか!と、知りました。山本様の絵とコラボし、新鮮な世界が輝きました。どうぞ、ご覧ください。

菅野邦彦さんのピアノと山本玉枝さんの絵のコラボ

丸山ひろ子さんのピアノと山本玉枝さんの絵のコラボ

丸山ひろ子さんは、音楽療法士であり、ピアニストでもあられます。音楽療法の例会の中では、鑑賞タイムがあり、素晴らしいピアノ演奏が聴かせていただいています。今回は、音楽療法としてー山本さんの絵に音楽をつけよう!と、試みました。